お悩み

悩んでいませんか?

3つの悩み

解消します

早期に施術することが大事です

 

交通事故の怪我と言えば、後遺症を心配される方が多いでしょう。症状が続くことも想定されるので、整形外科との併用をお勧めします。

もし事故に遭ってしまった場合、怪我だけでなく、手続きや金銭面の不安も大きいと思われます。

当院では、これまでの実績から、患者様の持つ”交通事故施術”についての不安や疑問を取り除くことができるよう、全力で取り組んでおります。

放っておかないで

 

交通事故後に医療機関で検査を受けた後は、【加賀整骨院】まで、お気軽にお越しください。患者様一人一人に合った、オーダーメイドの施術を提案させていただき、アドバイスや手続きのサポートも致しております。

交通事故の怪我は、早期治療を開始することが後遺症のリスクを下げることにつながります。交通事故に遭われた際は、まずご相談をお願い致します。

交通事故の怪我を放置するのは厳禁です

 

首が痛い写真

交通事故で発生率の高い怪我は「むち打ち」と「腰痛」です。

 

事故直後は痛みなど、症状として表れないことが多いので、医療機関でレントゲンやMRI検査を受けても「異常無し」と診断される場合が少なくありません。

また、軽い事故だったからと医療機関に行かない人も少なくありません。

しかし、それは事故の興奮で脳が痛みを感じにくくなっているだけで、時間が経つと症状が少しずつ表れ始めてきます。

なので、交通事故に遭われた際は、仮に出血や痛みがなくても放置することなく、必ず早めに検査や施術を受けるようにしましょう。

当院の交通事故施術

院内の写真

 

当院の院長は交通事故の治療に関して豊富な経験知識を持っております。

あらゆる交通事故・むちうち治療してきた院長が、被害に遭われた方のお気持ちになって誠意を持って治療をさせて頂きます。

「むち打ち症」と言う病名はございません。 一般的に交通事故によって起こる頚部の痛みを「むち打ち」や「むち打ち症」と言いますが、”外傷性頚部症候群”を「むち打ち症」と理解されている事が多数です。 小さなものですと、レントゲンには現れませんが、数年後に痛み出すケースも多々あります。

交通事故治療の自己負担金は0円です。患者様が治療費を負担することは一切ありません。 又、治療期間は特に制限は設けられていませんので完治するまで通院してください。 専門スタッフが在籍していますので、自賠責保険や慰謝料のご相談にも応じます。

 

●交通事故に遭われた場合、物損扱いするように頼まれてもはっきりと断った方が良いように思います。人身事故の証明となる(事故証明)を必ずとることをお勧めします。

 

●交通事故から2週間以上経った後、むち打ちや腰痛など痛みが出てくる場合もありますので、早めにご来院下さい。

 

●自賠責(交通事故治療)での治療期間には、はっきりした決まりがありません。むち打ちや腰痛などの症状が治癒あるいは症状が固定の時期までしっかり治療を継続し、出来る限り交通事故の後遺症を残さないようにしましょう。

交通事故治療の流れ

  • 警察への連絡

事故にあった場合、事故の大きさに限らず必ず、警察に届け出ましょう。
負傷者の有無を確認し、負傷者がいる場合はすぐに救急車を呼んでください。

保険の支払い等に必要な「交通事故証明書」が、通報しなければ発行されませんのでご注意ください。
こちらが被害者で負傷があれば、「人身交通事故扱い」の届け出を、後日電話でも構いませんので行ってください。

  • 相手の確認

警察の到着までの間に相手の車検証・免許証を確認してください。

【確認項目】

●相手の住所・氏名・電話番号・免許証の登録番号
●相手の勤務先と雇い主(業務中の交通事故の場合、原則として雇い主にも賠償責任が発生します)
●こちらが被害者の場合、加害者が加入している自賠責保険・自動車保険(任意保険)の会社名・証明書番号などを確認。
相手が無免許の場合や、自賠責保険や任意保険に加入してない場合もあるため、警察も確認しますが、自分でも確認する必要があります。

  • 目撃者がいるかどうか

目撃者がいる場合は、その方の名前と連絡先を確認し、後日改めて交通事故の証言をお願いする場合があることを伝えます。
できればお願いをして警察が来るまで待ってもらえると良いでしょう。

  • 交通事故の記録

できるだけ詳しく記録し、携帯電話やスマートフォンなどで写真を撮っておきます。

【確認項目】
●交通事故発生の日時・状況
●交通事故現場の住所・周辺の状況
●相手の車両ナンバー・自分の車両のキズ・相手の車両のキズ(数枚程度)

賠償交渉の時に、お互いの言い分が食い違ったりすると、解決するまで時間かかってしまう場合があります。

なるべく証拠として使える記録を残します。また、説明が曖昧だと不利な状況になる場合もあります。
後で悩まないように自分で整理しておく事が大切です。

  • 加入している保険会社へ連絡

必ずご加入の保険会社へ、連絡をしてください。
交通事故の場合、保険会社の多くが24時間受付をしています。

  • 医療機関への受診

交通事故の場合、事故直後は交通事故によるショックや緊張の為、自覚症状がなく、後日、気分が落ち着いた頃から、体の痛みや不調を訴えられる方が多くなっています。
通常、交通事故後1~2週間以内に医療機関を受診されれば交通事故に起因する痛みと認定されますが、交通事故後1ヶ月を超えて受診した場合、交通事故との因果関係を証明しにくくなり、慰謝料や治療費等の保証を受けられない可能性もあります。

交通事故後、少しでも痛みや不調を感じられたら、できるだけ早く医療機関を受診することをおすすめ致します。

  • 当院へご連絡

交通事故に遭って、その直後でも良いので、ご連絡ください。
病院、整形外科などのクリニックに通われていても、その治療に納得がいかない場合などで、転院もしくは併用をご希望される方は、お気軽にお電話ください。万全の体制で対応します。

電話:076-214-6561

 

  • 相手の保険会社に加賀整骨院で治療を受けることを伝える

相手の保険会社に「金沢市の加賀整骨院で治療を受けます。」とご連絡ください。
保険担当者によっては、転院を認めたがらない方もいます。しかし、医療機関を選ぶ権限は、患者様にあります。
担当者に断られることがありましたら、当院までご連絡いただければ、こちらで対応いたしますのでご相談下さい。

  • 当院での治療開始

初診時のみ、問診・治療内容の説明があります。
その後、交通事故・むちうちの治療を行います。
身体に無理のないように、マッサージ、ストレッチ、電気治療など、丁寧に施術します。
他院で治らなかった方もご相談ください。
また、後の治療内容や、保険会社さんとのやりとりについてお話します。

  • お見送り

交通事故の治療費負担はありません。次回の来院をお待ちしております。
完治するまで通院していただいても全く問題ございません。

 

院長

加賀整骨院

〒921-8011石川県金沢市入江3-117 ファミリーポート入江1F